FC2ブログ
遊戯王デュエル動画のデッキの紹介だったり
ボードゲームのことだったり

パラサイト・フュージョナーの可能性

2017-07-16 Sun 07:00




パラサイトフュージョナー


《パラサイト・フュージョナー/Fusion Parasite》
効果モンスター
星1/闇属性/昆虫族/攻 0/守 0
このカードは、このカードの①の効果を適用する場合のみ融合素材にできる。
①:このカードは、融合モンスターカードに
カード名が記された融合素材モンスター1体の代わりにできる。
その際、他の融合素材モンスターは正規のものでなければならない。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、
このカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。



2016年19月に発売されたレイジング・テンペストで登場した昆虫族モンスター、《パラサイト・フュージョナー》。
特殊召喚に成功した時に即座に融合召喚を行うことができる一方で、
融合素材代用効果を使用しないと融合素材にできないという制約も持っています。

CIRCUIT BREAKにて登場した新規テーマ「クローラー」。
リバーステーマであると同時に昆虫テーマでもあり、クローラーのサポートカードは
リバース・昆虫族のサポートカードにもなっています。
例えば、《星遺物に差す影》は、クローラーモンスターの全体強化をするフィールド魔法ですが、
手札のレベル2以下の昆虫族を表守備か裏守備表示で特殊召喚する効果を持っています。
《パラサイト・フュージョナー》は《悪夢再び》で手札に回収しやすいレベル1昆虫族……。
あとは……言わなくても、ね?

とまぁ。いい風が来ているような気がします。
しかし、中々面白い効果を持っていながら、具体的に何が出せるのか分かる一覧がない……。
というわけで今回は、このカードを使って出せる融合モンスターを一部選抜してまとめてみました。
(流石に初期バニラ系全部入れても……)
一応自分用に作ったのですが、これを見たデュエリストのデッキ構築の一助となれば幸いです。

 ※以下の表では、基本50音順、テーマ系はまとめて記載しています。
   「補足」の欄では、思いついたことを適当に。何か参考になれば。


テーマなしバニラ
カード名融合素材補足
 《クリッチー》  「《クリッター》」+「《黒き森のウィッチ》」  能動的にサーチ効果を発動可 
 《千年竜》  「《時の魔術師》」+「《ベビードラゴン》」  エクシーズに重宝する☆7ドラゴン
 時の魔術師なら使うことあるかも…? 
 《双頭の雷龍》  「《サンダー・ドラゴン》」+「《サンダー・ドラゴン》」  デュエルリンクスで大活躍の☆7モンスター 
 (サンダー・ドラゴンを場に出すことはあるのか?) 
テーマなし効果
カード名融合素材補足
 《異星の最終戦士》  「《ダーク・ヒーロー ゾンバイア》」+「《魔力吸収球体》」  魔力吸収球体は《ビッグ・ホエール》でリクル可 
 《サウザンド・アイズ・サクリファイス》  「《サクリファイス》」+「《千眼の邪教神》」  両融合素材とパラサイトが《悪夢再び》対応 
 《地天の騎士ガイアドレイク》  「《大地の騎士ガイアナイト》」+効果モンスター以外のシンクロモンスター  バニラシンクロの用意が面倒か 
 《有翼幻獣キマイラ》  「《幻獣王ガゼル》」+「《バフォメット》」  バフォメットを採用しない型ならあり 
テーマ・カテゴリ系
 《アマゾネス女帝》  「《アマゾネス女王》」+「アマゾネス」モンスター  アマゾネス強化が来た今なら楽に出せる☆8 
 《アマゾネスペット虎獅子》  「《アマゾネスペット虎》」+「アマゾネス」モンスター  同上。☆7獣という点を活かしたい 
 《WW-クリスタル・ベル》  「《WW-ウィンター・ベル》」+「WW」モンスター  アニメ再現したいなら 
 コピーだけなら《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》の方が出しやすいかも? 
 《E・HERO ネオス・ナイト》  「《E・HERO ネオス》」+戦士族モンスター  《真紅眼の黒刃竜》と出し分けられる。 
 レベルは一緒だが、こちらは主に打点目的で使うことになるか 
 《キング・もけもけ》  「《もけもけ》」+「《もけもけ》」+「《もけもけ》」  もけもけを場に2体揃えるのがつらい。 
 もけもけ・ナイトが出るのを待とう 
 《キメラテック・オーバー・ドラゴン》  「《サイバー・ドラゴン》」+機械族モンスター1体以上  機械族と合わせて出せる☆9. 
 《錬装融合》他、自分の場を更地にする目的で使うこともあるかも? 
 《サイバー・ツイン・ドラゴン》  「《サイバー・ドラゴン》」+「《サイバー・ドラゴン》」  《サイバー・ドラゴン・コア》もいるし出しやすいはず 
 《召喚獣メルカバー》  「《召喚師アレイスター》」+光属性モンスター  メルカバーに限らず召喚獣全般出しやすい。 
 困ったら召喚獣な 
 《超魔導剣士-ブラック・パラディン》  「《ブラック・マジシャン》」+「《バスター・ブレイダー》」  《永遠の魂》を積んでるなら召喚権食わずに出しやすい 
 《竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー》  「《バスター・ブレイダー》」+ドラゴン族モンスター  どうせ専用構築するだろうからパラサイトでは狙わないだろうが… 
 一応ドラゴンとで出せる☆8ということに意義を見出したい 
 《真紅眼の黒刃竜》  「《真紅眼の黒竜》」+戦士族モンスター  素材が緩い上に単体でも強い☆7ドラゴン 
 《メテオ・ブラック・ドラゴン》  「《真紅眼の黒竜》」+「《メテオ・ドラゴン》」  レッドアイズデッキなら容易に出せる高打点☆8バニラドラゴン 
 《ブラック・デーモンズ・ドラゴン》  「《デーモンの召喚》」+「《真紅眼の黒竜》」  同上。 
 こちらは《浮鵺城》で釣り上げて★9に繋げられる☆9バニラドラゴン 
 《ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》  「《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》」+魔法使い族モンスター  緩い素材で出せる3000打点☆8ドラゴン 

スポンサーサイト

別窓 | 遊戯王_カード考察 | コメント:0 | ∧top | under∨

OUTLIVE ~Kickstarter利用記~

2017-07-15 Sat 20:34

IMG_3985.jpg

遂に届きました!「OUTLIVE」!!
いやーカッコいい箱絵ですね~素晴らしい!

IMG_3983.jpg

いやデカいな!

ナヴェガドールより大きいとなるとうちの棚に入らないんだが……と!それは置いといて!


皆さんはKickstarterというサイトをご存知ですか?

「Kickstarter」はアメリカの企業が運営するクラウドファンディングサービスです。
個人、あるいはサークル、パブリッシャーが新たに製作したいモノ・サービスに対して
応援しよう!と思ったらそのプロジェクトを個人的に支援し、見事プロジェクトが完遂した暁には
何かしらのリターンを受け取ることができる。
大体こんなイメージでしょうか。

あくまでプロジェクトに対する支援、であって単純なお買いものではないことには注意が必要です。
プロジェクトに必要な金額が集まれば無事進行することになりますが、そこからリターンを受け取るまでには
1年近く待つこともざらですし、最悪の場合、支援したプロジェクトが頓挫して雲散霧消、なんんてこともあるかも知れません。

それでも、支援したプロジェクトが形になる喜び、もっと現金な話をしてしまえば、
一般流通するより早く商品を手に取れたり、安く入手できたり、非売品のおまけがついて来たり、
と様々な見返りがあることは事実で、リスクを十分承知した上でプロジェクトをキック(支援)する人は多いでしょう。
(私もそんな一人です。)


さて、今回我が家に届いたボードゲーム「OUTLIVE」もKickstarter発のモノになります。
実際のプロジェクトページはこちら → https://www.kickstarter.com/projects/laboitedejeu/outlive

まず、当然ですが全部英語のページです。
英語できないから…と敬遠しがちな方でも大丈夫!
英語なんてこれっぽっちも自信のない私でもなんとかリターン品を受け取ることまでできているので!安心してください!

実はこのプロジェクト、開始(launch)したのは2016年の5月10日なんですね。
今(執筆当時2017年7月半ば)から実に1年以上前!
……気長に待ちましょう?ってこういうことです。

Kickstarterでは大体1ヵ月くらいの期間が設けられてその間にプロジェクトを支援するかどうかを決めます。
支援する金額は自分で決めることもできますが、大体は各プロジェクトのページにコース別になっているので
そこから選択することになります。
基本はクレジットカードによる支払ですが、キックした時点で支払われるのではなく、
プロジェクト支援期間が終わった段階で成功したか失敗したか判定し、成功した場合のみ支払となります。
そのため、途中でやっぱりキックするのやめよう!とキャンセルすることも可能というわけです。

Outlive_コース

これは実際の「OUTLIVE」のサポートプラン?です。
一番上、"You selected"と書かれているのが自分の選択したプランで、今回届いたセットになります。
「HEROES PLEDGE」というのが今回のプラン名。
その下の"Get one copy of ~"というのがリターン品の内容で、今回の場合は、
キックスターター限定のOUTLIVEコレクターボックスと達成したストレッチゴールが全部ついてくるよ、ってことですね。

「ストレッチゴール(stretch goal)」というのは、製品を作れるだけの支援金が集まったとき、
さらにおまけで何かつけたり、製品のアップグレードをするよ、っていう準達成目標とでも言うべきものです。

Outlive_ストレッチゴール

こんな感じで、35,000ユーロで取り敢えずプロジェクト達成。
40,000ユーロで新武器カード追加、45,000ユーロでミニ拡張追加……。
と、こんな感じで支援金が集まるほどいろんなおまけがついていくのです。
これもキックスターターの醍醐味と言えるでしょう。
特にストレッチゴールの中で"KICKSTARTER EXCLUSIVE!"と書かれているものは
製品版が一般流通しても付属しない類のものなので、これが多いキック案件は蹴り甲斐がありますねぇ!
(あくまで一個人の意見です)

Outlive_コース - コピー

コース選択に戻って、"ESTIMATED DELIVERY"というのが配送の目安になります。
注意したいのが、あくまで配送の目安だということ。
こちらのOUTLIVE、2月ごろに届くよ~と言っておきながら結局7月になりましたからね!?
更新内容はちょくちょくメールで通知されるのですが、中国の旧正月の影響で~とか言ってたような気がしますね…。
要するに、届くのが遅れるのは覚悟しとけ、ってことです。何度も言ってるけど。

あと気になるのは送料でしょうか。
プロジェクトのページに"Shipping"ってのがあると思います。
これが送料ですね。

Outlive_送料

OUTLIVEはフランスのパブリッシャーなので、EU諸国は9ユーロ程度。
日本への送料は16ユーロ程です。
1ユーロが大体120~130円くらいなので、2千円くらい。
普段からアマゾンやらヨドバシの配送料無料に慣れ親しんでいる私からすると高いな…と思ってしまいますが、
海外から発送するのですから、こればかりはしょうがない。

あとは、アドオン。
これは追加で注文可能なコンポーネントですね。
他のゲームだとプレイ人数拡張キットとか、金属製コインとか。

Outlive_アドオン

コレの場合、10ユーロで大きいサイズのゲームボードが追加可能でした。
これもキック版限定ですね。
モノによりますが、他の人の到着報告を見て後悔するよりは追加しとけ!な気がします。
プロジェクトによってはキックを締め切ってから追加できる場合もあるので、要チェックです。

これもまたプロジェクトによりますが、24時間以内に蹴れば少し安くなる、とかおまけがついてくる、みたいな
時間限定、もしくは少人数限定の"EARLY BIRD"という特殊な支援プランが用意されていることもあります。
文字通り早い者勝ちなプランなので、取りあえずEARLY BIRDを蹴っといてあとで考える、なんてこともありますね。



Outlive_配送 - コピー

あと、これはプロジェクト達成後の話ですが。
Surveyといって配送先を聞いてくるタイミングがあります。
上の画像はOUTLIVEのものだったか定かではないんですが、まぁこんな感じです。
この通り書けばちゃんと届きます。
日本とは住所を書く順序が逆なんですね。そこだけ注意かも。
Address Line 2 というのが空欄ですが、ここはアパートの部屋番号とか、ナントカビル何階とかそういう情報です。
電話番号の最初についている+81は国ごとに固有の番号で、これは日本の場合。
携帯なら+81のあとに最初の0を省いて書けばOK。



こんなとこでしょうか。
取り敢えずこのくらい押さえておけばちゃんと届きます!w

Outlive_小包 - コピー

こんなかんじのごっついダンボールで!


ということで、簡単ではありますが、Kickstarter初心者向けの使い方ガイドでした。
といっても私もまだ1つしか蹴ったものが届いてない初心者なんですけどね!

英語しかないサイト使うのって中々抵抗あると思うので、この記事を読んでいただいて、
なんだ意外と簡単じゃん!って思って頂いて、キック沼に足を踏み入れてもらえればと思います!w

ただし、最初にも書きましたが、単なるお買いものではなく、あくまでプロジェクトの支援に対しての
リターン品が届くんだ、という意識を持っていてください。
普段Twitterで多くの方が蹴っていらっしゃるようなモノや、信頼のあるパブリッシャーならある程度安心できますが、
お金を支払ったけど届かない、なんてことがないとも言えません。
そこまで含めて、最後はしっかりと自分の目で見て判断するということが大事なんだろうと思います。

色々書きましたが!
自己責任で楽しいキックライフを!

別窓 | Kickstarter | コメント:0 | ∧top | under∨
| パンデュエ!ゲーム観測所 |