遊戯王デュエル動画のデッキの紹介だったり
ボードゲームのことだったり

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

【ブラックリチューアル ver.2.0】

2016-05-20 Fri 22:37




先日投稿した遊戯王デュエル動画「パンデュエ!」第9部で使用したデッキの紹介です。
と言っても、前回の記事で書いた通り、デッキの中身は大分変わってしまっています。
動画で使ったデッキレシピが見たい、という方は、動画の最後でデッキ紹介をしていますので、そちらをご覧ください(大体29分辺りかな?)。


【ブラックリチューアル改】


【ブラックリチューアル ver.2.0】

[モンスターカード](31枚)
イビリチュア・リヴァイアニマ×2
破滅の魔王ガーランドルフ
守護神官マハード
フォーチュンレディ・ダルキー×2
Emトリック・クラウン
アステル・ドローン
マンジュ・ゴッド×2
フォーチュンレディ・ウォーテリー×3
黒鋼竜
ジェムナイト・ラズリー×2
フォーチュンレディ・ライティー×2
メタルフォーゼ・ヴォルフレイム
メタルフォーゼ・スティエレン×3
メタルフォーゼ・シルバード×2
メタルフォーゼ・ゴルドライバー×3
ブラック・マジシャン×2
真紅眼の黒竜
ウォーター・スピリット

[魔法カード](8枚)
死者蘇生
苦渋の決断
錬装融合
黒の魔導陣
ブリリアント・フュージョン×2
高等儀式術×2

[罠カード](9枚)
マジシャンズ・ナビゲート×2
メタルフォーゼ・カウンター
メタルフォーゼ・コンビネーション
マジシャンズ・プロテクション×2
真紅眼の鎧旋
リビングデッドの呼び声×2

[エクストラデッキ](15枚)
No.37 希望織竜スパイダー・シャーク×2
No.101 S・H・Ark Knight
ダイガスタ・エメラル
シャーク・フォートレス×2
真紅眼の鋼炎竜
No.11 ビッグ・アイ
スクラップ・ドラゴン
ジェムナイト・セラフィ
ジェムナイト・アメジス
メタルフォーゼ・アダマンテ×3
メタルフォーゼ・オリハルク


動画版との大きな違いとして、デッキのブラック・マジシャン度を大きく減らしたことが分かるかと思います。
黒の魔導陣と永遠の魂による往復ターン相手フィールド除外戦術や、黒の魔導陣とデーモンの宣告による手札増強といった動きをバッサリカットしてみました。
それに伴い、マジシャンズ・ロッドや蒼眼の銀龍、そのシンクロ素材だったギャラクシーサーペント、さらにはサーペントを墓地に送るための☆9儀式であるトリシューラの影霊衣もデッキから抜けました。

動画で見せた通り、TDILで強化されたブラック・マジシャンの動きはそれだけで完結しているものが多く、正直オーバーパワーすぎたかな、というのがカット理由です。
銀龍でブラマジ蘇生して除外して展開して~という流れは好きだったんですけどね…。
今の構築では銀龍をシンクロするには無理があるので今回はひとまず不採用としました。
もう少し構築が練られれば入る余地もあるかもしれません。

ブラマジ成分を減らしたことで今回新たに採用したのが、「メタルフォーゼ」カード達です。
採用理由としては、後付けのものも含めて3つ。

第一に、動画では披露できなかったイビリチュア・リヴァイアニマ二回攻撃の流れを強化するため。
縛りなし★5のシャーク・フォートレスは前回までの構築だと、ジェムナイト・セラフィとアステルドローン、簡易融合の組み合わせで出すことが多かったのですが、サーチ不可のカードばかりでそもそもデュエル中に狙って出すことが難しく、実現性が高くありませんでした。
一方、メタルフォーゼを採用すると、☆5の融合モンスターであるメタルフォーゼ・アダマンテがかなり出し易いことから、場に☆5をそろえるのが格段に楽になるんですね。
メタルフォーゼモンスターは苦渋の決断による直接サーチや、高等儀式術で墓地へ送った後ブリリアントフュージョンからラズリーを落として効果で回収、といった手段で手札に集められます。
更に、メタルフォーゼの共通P効果で専用融合カードもサーチ可能なので、シャーク・フォートレスが展開しやすくなりました。

第二に、引いてしまったラズリーを処理するため。
ブリリアントフュージョン専用だったジェムナイト・ラズリーですが、手札に引いてしまうと事故以外の何物でもないのが難点でした。
ところが、メタルフォーゼを採用したことで、メタルフォーゼ・アダマンテの融合素材として利用することが出来るようになり、引いても以前より腐ることが少なくなりました。
あらかじめ墓地へ送っておいたウォーター・スピリットを回収してシンクロに使ったり、ブラックマジシャンを回収してマジシャンズ・ナビゲートの発動を補助したり、という使い方自体は以前と変わりません。

第三に、手札に引いてしまった上級モンスターもP召喚で展開できるようにするため。
メタルフォーゼはPスケールが1から8、つまりレベル2から7までのモンスターが同時に召喚可能な範囲になります。
今回のデッキに新たに採用した真紅眼の黒竜やフォーチュンレディ・ダルキーを含め、手札に抱えてしまうと困るモンスターは少なからずいるので、それらをP召喚で展開できるのは小さくないメリットだと思います。


また、メタルフォーゼと同じく新たに投入したカテゴリとして「フォーチュンレディ」がいます。
動画で対戦したモゲヲくんが使っていたカード群ですが、色々あってパク(ry、いえ、参考にさせてもらい、採用を決めました。

とはいっても、コントロール色の強い彼のデッキとは違い、上級モンスターを展開して戦うパワーデッキ寄りの今作ですので、運用方法も若干異なります。
基本的にはダルキーから戦闘を経てウォーテリーを蘇生して2ドローというFLお得意の流れを狙いますが、そこにシャークフォートレスを噛ませます。
これでダルキーから最大4ドロー可能です(まぁこれはモゲヲくんもトラピーズでやっていましたが…)。

ライティーはデッキからFLモンスターを能動的にリクルートできる優秀なモンスターですが、フィールドを離れた時に発動する任意効果である点がやや運用面で工夫を必要としていました。
このデッキでは、メタルフォーゼのP効果でセルフブレイクすることで効果の発動を狙います。
メタルフォーゼのP効果は「自分フィールド上の表側表示カードを破壊する」効果と「デッキからメタルフォーゼカードをセットする」効果が同時に発動するので、ライティーの効果のタイミングを逃すことはありません。
また、セラフィの融合素材になれる光属性モンスターでもあるので、ブリリアントフュージョンで墓地に送り、ダルキーで蘇生、メイン2でメタルフォーゼで破壊してからのウォーテリーリクルートという流れでウォーテリーを落として置く手間なくドローが可能です。

P召喚を搭載していることの恩恵として、手札にFLモンスターが2種類以上来てもP召喚を併用することで楽々ウォーテリーの効果を発動できます。
ダルキーとウォーテリーの組み合わせならそのまま、ライティーとウォーテリーなら先にライティー召喚から、ダルキーとライティーならライティー召喚後P効果を使うことでそれぞれ、ウォーテリーの効果に繋がります。
使いおわったFL達は、P効果で割るなり、融合素材にするなり、エクシーズ素材にするなり活用できます。
特にダルキーはアダマンテと共にシャーク・フォートレスに、ウォーテリーは2体でスパイダー・シャークになれるので有用でしょう。
スパイダーシャーク自身も破壊されたときの効果を持っているのでメタルフォーゼと好相性なのもいいですね。
ただし、時の任意なのでタイミングを逃す可能性があることには注意を(自分もよくやらかしますが)。


あとはファンデッキ色が強くなってはいますが、真紅眼の黒竜とそのサポートカードを少量ながら採用しています。
元々出し易かった★7に真紅眼の鋼炎竜がいますが、普通だと耐性持ちのバーンモンスター、というだけです。
ランク7特化のデッキでもビッグアイやドラゴサックが優先されるでしょう。

このデッキでは、一緒に採用している黒鋼竜による強化によってATKが3400となり、大抵の耐性持ちモンスターでも上から殴り倒せるようになります。
真紅眼の黒竜を高等儀式術で墓地に送っておけば、③の効果で蘇生、更なるランク7やシンクロへとつなげることが出来るようになります。
また、装備した黒鋼竜をメタルフォーゼで破壊することで能動的に真紅眼の鎧旋もサーチできます。
真紅眼の鎧旋は場に真紅眼モンスターがいる時に墓地の通常モンスターを蘇生できるカードで、レッドアイズ版永遠の魂(条件厳しめ)といったカードですが、永遠の魂は破壊されたときに自場を一掃してしまうデメリット効果を持つのに対し、鎧旋は破壊されると墓地のレッドアイズを蘇生できるというメリットを持っています。
自分で破壊しても効果は使えないのでメタルフォーゼと噛み合うわけではありませんが、通常モンスターの多いこのデッキでは、黒の魔導陣と合わせてさながらデメリットのない永遠の魂のように除去に使うこともできたりします。


映画版新規の守護神官マハードとマジシャンズ・プロテクションも組み込んでみました。
マハードはドローしただけで手札から特殊召喚できる便利な☆7モンスター。
通常ドロー以外でも、ウォーテリーによるドローやリヴァイアニマによるドロー、錬装融合によるドロー、とドローソースが多いので特殊召喚できる機会は多いと思います。
破壊されてもブラックマジシャンを除外領域以外のいかなる場所からでも場に呼び出すことが出来るので、メタルフォーゼで破壊してもよし、相手の除去に合わせてリビデを巻き込んでもよしと、便利。

マジシャンズ・プロテクションは単純にダメージ軽減効果も強いですが、メタルフォーゼで破壊しても墓地の魔法使いを蘇生できるおまけ効果がナイス。
フォーチュンレディを蘇生してドローに繋げたり、ブラマジ蘇生から黒の魔導陣による除去やランク7を狙ったりと柔軟に動けます。
色々小回りが利いて面白いカードです。


ということで、色々と変化を遂げたマジシャンデッキでした。
全体的にメタルフォーゼへの依存度が高くなりすぎているかな、という点は否めませんが、ややパワーを落としつつ、展開とドローに特化させて柔軟な動きができるデッキになっているかと思います。
ただ、エクストラやチューナーの選定等、まだまだ構築が甘い点もあるかと思います。

相手ターンに動けるカードを増やしてロード・オブ・ザ・レッドを入れようかとも思ったりしたんですけどね。
専用儀式カードであるレッドアイズ・トランスマイグレーションは黒鋼竜でサーチもできるし、相手のバックに対して実質的な除去にもなるしで悪くなさそうではあります。


なんにせよ、まだまだ改良の余地があるものの、回してて楽しいデッキになりました。
何か相性の良さそうなカードとか改良案とかあったら教えてください!
よろしくお願いします!

それでは。

スポンサーサイト

別窓 | 遊戯王_デッキレシピ | コメント:0 | ∧top | under∨

【動画投稿】パンデュエ!第9部【魔法使い】

2016-05-19 Thu 18:00





またしても大分久しぶりの投稿になってしまいました。
遊戯王デュエル動画「パンデュエ!」第9回です。

期せずして新メンバーモゲヲくんと私、両者共魔法使いを使ったデッキでのデュエルになりました。
どうぞ、ご覧下さいませ。

動画で使っているデッキ、今はかなり形が変わってしまっているので、それについても後々紹介出来たらなぁ、と思っております。
まだまだ調整中のデッキなので、何かアドバイスや疑問等々ご意見ありましたら、動画のコメントでもブログのコメントでも、はたまたTwitterでも構いませんので、伝えていただければ励みになります!w

それでは、よろしくお願いします!

別窓 | 動画投稿 | コメント:0 | ∧top | under∨

ゲームマーケット2016春

2016-05-06 Fri 03:00

関東では年2回、春と秋に東京ビッグサイトで催されるボードゲームの祭典「ゲームマーケット」に初参加してきました。
今回は西3・4ホールという広い会場でした。

ビッグサイト

秋に開催されるゲームマーケット2016秋への下準備として、会場の下見や雰囲気を味わうことを目的に参戦。
あまりサークルの下調べもしていないし、あまり財布に余裕もない、ということで昼過ぎからの参戦を決める。

遅めの朝食を食べて13時半ごろ会場入り。
イベント参加を決めたのが開催2日前だったので当然チケットも買っておらず、会場入り口傍で当日購入。
ここで初めてサークルの配置を確認するw

ゲムマカタログ

事前に気になっていたブースはあったが、来場した時間が時間なだけにどうせ残っていないだろうと諦め、適当に左側のブースをぶらつくことにする。

すると早速面白そうなゲームを発見。

狩歌 (D22 Xaquinal)

狩歌

JPOPの歌詞の頻出語句が取り札となったカルタ。
実際に曲を流しながら聞こえてきた歌詞を読み札代わりに札を取ります。
各カードには歌詞に登場する頻度によってレア度のように点数が設定されていて、「君」や「夢」のような頻繁に出てくる語は1点だが、「部屋」や「初めて」のような出てき辛い語は5点といった点数設定がなされている。

狩歌 取り札

説明を聞いただけで面白そう!と即購入。
今回が初参加のサークルさんとのことで、狩歌が好評なら「ラブソング編」や「ヴィジュアル編」といった拡張セットも出したいと話してくれました。
取り札の種類が増えればそれだけ長く楽しめると思うので是非出してほしいところ!期待して待ってます!


次に壁伝いに進んでいたところ、テンデイズゲームズのブースを発見。

ペアーズ (A17 テンデイズゲームズ)

ペアーズ

前々からTwitter上で制作状況を拝見させていただいていたカードゲーム、ペアーズ。
5種セットで購入したので収納ボックス付き。
中身は1~10のカードがそれぞれ1なら1枚、2なら2枚、3なら3枚......という構成になっている。
全デッキに共通する基本ルールとしては、山札から引いたカードを自分の前に並べ、次のカードを引くか引かないかを選ぶ。
引く場合、自分の前のカードと同じカードが出てペアになったらそれを引き取り、数字分のマイナスとなり、引かない場合は全プレイヤーの公開しているカードの中から一番小さい数字のカードを引き取る。
これを繰り返して既定のマイナスに達してしまった敗者一人を決めるゲームだ。

これ以外に各デッキ毎に特殊ルールが入っており、様々な遊び方が楽しめる。

日本版制作にあたって独自のイラストになったものもあり、見た目も楽しめる作品となっていた。
家族からの受けもよかったので、これから遊び倒そうと思いますw


御朱印あつめ 第2版 (A28 ゲーミフィ・ジャパン)

御朱印あつめ

前回のゲームマーケットで話題になっていた純和風ボードゲーム「御朱印あつめ」。
今回第2版となって七福神カードが追加されたとのこと。
制作サークルのようがくじ「不二の会」は今回不参加でしたが、ゲーミフィ・ジャパンに委託販売されていたのを見つけて衝動買いw
今回購入したゲームの中では最高額でしたが、更に高価な「檀家」も気になっていたり......。

内容は写経チップを利用した御朱印の競り、及びセットコレクション。
長さの違う写経チップ4種類で競りを行い、使ったチップは写経の終わる次々ラウンドまで使用不可となる。
競りで集めた御朱印カードの並びや種類、数によって点数が決まり、シンプルながら趣のある作品になっている。

このゲームはとにかくコンポーネントが豪華で、いい雰囲気を醸し出している。

御朱印
御朱印帳

達筆なメッセージも封入されていました。

直筆メッセージ


外人ダッシュ! (D33 ボウザ&ルブラ)

外人ダッシュ

ボードゲーマーなら注目せざるを得ない海外デザイナーの新作。
なくなっていることを覚悟していたが、運よく入手できた。

横断歩道を信号無視して渡る外国人をイメージした本作は、車両が記されたチップを弾き、回りきる前に、条件に合った交差点カードを選んで渡り切れるかどうかを判定、最終的に渡りきれた交差点カードの枚数を競う。
小箱サイズのゲームながら目を引くイラストとアクション性。
プレイするのが楽しみな作品である。

外人ダッシュ コンポーネント


BAK×KIN (L04 蜜健会)

BAK×KIN

500円という低価格ながら真剣勝負が楽しめるという「BAK×KIN」。
2人用対戦ゲーム。
小さいパッケージでかわいらしいが、中身は爆弾で金鉱石を爆破して金を集めるゲームだ。
短時間で頭を使った対戦ができるとのことで、ある程度慣れてきたらガチ勝負もできそうだ。

BAK×KIN コンポーネント


メタルダイス (A41 Dorataco/ドラタコダイス専門店)

ダイス

今回最後に立ち寄ったブース。
珍しい形・種類のダイスを多数扱っていた。
中には刺々しいフォルムで本当に振れるのか疑問に感じるものもw(お店の方も「これはもはや"まきびし"」と仰ってましたw)
その中でも実用的な丸いデザインのダイスを購入。
イタリア製で、重量感もある。
値段は......少々お高いw
それでも、中々手に取ってみる機会もないもの。何だかんだ買えてよかったと思いますw

ダイス2


と、そんなこんなで15時過ぎには会場を後にしました。
兎にも角にも人が多く、ブースも多いのでしっかり見て回るにはどうしても時間と根気が足りませんでしたが、最高に楽しめました!
ただ、いいな、と思ったサークルさんのゲームは売切れも多く、予約の必要性も認識できました。
今年の秋開催のゲームマーケットでは財布を温めて向かおうと決意したのでした。

最後に一応今回購入したゲームを。

ゲムマ購入品


それでは。




おまけ。

Twitterで公開しているプレイ風景をここにも載せておきます。
後でちょくちょく追加するかも。


・狩歌





・ペアーズ








・御朱印あつめ


別窓 | ゲームマーケット | コメント:0 | ∧top | under∨
| パンデュエ!ゲーム観測所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。