FC2ブログ
遊戯王デュエル動画のデッキの紹介だったり
ボードゲームのことだったり

食器洗いゲーム(皿洗いゲーム)

2016-02-09 Tue 14:00

超個人的なことなんですが、先日、棚にあるボードゲームの総数を数えたところ、丁度99個でして。
普段は、所持しているボードゲームをBoard Game Geekと連動して記録できるアプリ、BG statsというのを使って、持っているゲームを整理したりゲームの勝敗等を記録しているんですが、このところボードゲーム買いすぎて追いついてなかったんですね。

そんなわけで。
記念すべき100個目のゲームを求める旅が始まったのでした。

調べなかったら気にしなかったんだろうけど、知ってしまったからには気になりますよね。
折角なら100個目のボドゲは特別なものにしたい!という気持ちになってしまったわけです。
(まぁ、気になったボドゲを買い漁る悪癖を抑えられたので結果オーライという説もありますが)

色々考えていたんですが、どうせならある程度高価なゲームがいいなぁ、しかもどうせならレアなものがいいなぁ・・・。
ということで。
絶版ゲームを購入することにしました!

今回訪れたのは、最近お世話になっているボードゲーム店、ディアシュピールさん。
飲食を楽しみながら豊富なゲームをプレイできるだけでなく、新作ゲームや絶版ゲームも扱っているお店です。


さて。
もったいぶってきましたが(記事タイトルに出してるので隠すもクソもないのですが)、今回購入したのは!
こちら!

IMG_1092.jpg

食器洗いゲーム(ドイツ語版)です!
曰く、日本には10個前後しか存在しないレアものだとのこと。
しかも未開封品となると他には見つからないかも・・・というレベル。

裏面はこんな感じ。
状態も良いですね~。

IMG_1093.jpg


未開封な状態の方が貴重だ、というのは分かっていますが、ゲームは遊ぶもの。
手に入れたからには、この歴史あるゲームをプレイせねば、ということで。
購入先で店長とも話して開封することを決意したので開けていきたいと思います!

どーん!

IMG_1094.jpg

これはまたすごいインパクトw
皿洗いというテーマに沿って本物のゴム手袋がついてるとは、洒落てますねー。

こちらはタイル類。
イラストもいい感じ!こういうテイストいいですよ!

IMG_1095.jpg

抜かれていないタイルを取り出した先にはプラスチックトレイが。

IMG_1096.jpg

タイルを配置してみるとこんな感じですかね。
別にタイル収納を考えなくてよいのは良いですね。

IMG_1099.jpg

タイルの貼りが雑なのは時代ですかねw
何せ1991年のゲームなので。

IMG_1097.jpg
IMG_1098.jpg


というわけで、皿洗いゲームの開封でした。
ルール紹介等はまた別途記事にするかもです。
簡単なルールだということなので、早く実際に遊んでみたいですね。

高価なゲームなので大切にしたいところですが、手に入れたからにはしっかり遊んでやらねば!
色んな意味で思い出深いゲームになりそうです。

それでは!


追記

101個目、102個目のゲームは「ハンズ」と「7人のマフィア」になりました。
次は200個目指します!w

IMG_1063.jpg

スポンサーサイト

別窓 | ボードゲーム_紹介 | コメント:0 | ∧top | under∨

カヴェルナ収納ケースを作りました

2016-02-08 Mon 18:00

IMG_1077.jpg

その重量やコンポーネントの多さから収納が話題になることの多いボードゲーム、「カヴェルナ」。
今回は大量のコンポーネントをスッキリ収納できる内箱を作成しました。


今回作成した内箱は、こちらのサイトで公開されている設計図を使わせていただきました。
独力では絶対にやろうと思えなかっただろうなぁ・・・。
設計図を公開してくださっているしなちくさんに感謝です。


IMG_1075.jpg

年始のボードゲーム福袋で「カヴェルナ」をゲットしまして、かねてより興味があった内箱作成に取り掛かってみたわけです。
手先が器用な方ではないんですが、こういう工作、結構嫌いではないですw


まず材料ですが、今回はこの「デコパネ」という素材を使いました(リンク:東急ハンズ通販ページ)。
軽くて加工しやすいわりに丈夫で、安価かつ購入しやすいのがポイントです。
東急ハンズにて300円ほどで3枚購入しました。

デコパネ

これを、設計図通りに切り分け、形成していきます。
デコパネの材質は発泡スチロールなので、カッターで簡単に成形できます。
出来るだけ大きめの定規があるとやりやすいかも。
意外とまっすぐに切れずにもやもやしますw
白いデコパネを使うのなら、設計図を参考にしてデコパネにパーツを書き込んでおくのもいいかもしれません。


さて、パーツを切り出したら今度は接着していきます。
今回使ったのは以下の2種。
1つは後で紹介する動画でも使っている速乾アクリア
先が細いタイプとよく見る木工用ボンド様のタイプがありますが、どちらでもいいです。
細いほうを買って家に帰ったら、偶々家に大きいほうがあったので今回は併用していますw
何となくさらさらしていて、余分に出てしまってもふき取りやすいです。
白いボンドですが、乾くと透明になるので安心。

速乾アクリア

一方こちらは、東急ハンズで発泡スチロール用のボンドを、と店員さんにお聞きして購入したそのものズバリ発泡スチロール用ボンド
ヘラ付きです(重要)。
ボンドと言っていますが、内容物は透明で粘性の高い接着剤様としたものでした。
速乾アクリアよりも接着が気持ち速く、粘度のおかげか、固定された感がすごくあります。
ただし、早く固まる分、余分に出てしまった部分を取り除くのは少し大変です。
(乾いてしまえば爪でカリカリやって剥がすこともできるのでそこまで慎重にならなくていいですが)

接着剤

こちらは補強用の釘。
東急ハンズで購入した短めのピンのようなものですが、これを刺すことで各接合部の補強をしています。
今回はこちらの1.4×19 mmの釘を2袋購入して使っています。

補強用の釘



これらを使って出来たものがトップの写真というわけです。
ちなみに作物や鉱石、動物等のコマを収納した上部がこちら!

IMG_1078.jpg

外周部は接着しただけだと弱いのでしっかりと釘2本で補強。

IMG_1079.jpg

見づらいですが、各仕切りも釘で補強してあります。

IMG_1080.jpg

タイル類を収納する下部はこんな感じ。
タイルがぴったり収納出来ていて気持ちいいですね~。

IMG_1081.jpg

設計図通り、チップ収納はセパレートできるようになっていて、下にはカード収納部が。

IMG_1082.jpg

セパレート部分の側面はこちら。
底が抜けないようにしっかりと補強しました。

IMG_1083.jpg

こちらは短側面。
あー、そういえば得点シートを収納するスペースは作っていないんですが、これはボードゲームやるときにペンを用意して得点計算したりするのが好きじゃないという個人的な理由から得点シートを使う気がないだけですので、普通に使うよ!という方はしなちくさんのものを参考にスペースを作ってやってください。

IMG_1084.jpg

側面もういっちょ。
しっかり補強されているのがわかりますかね。
ついでに、タイルを取り出しやすいように仕切りを台形に切り抜いてあります。
これ地味に面倒だったなぁw

IMG_1085.jpg


最後に収納。
まずは下部を入れてー

IMG_1086.jpg

入れ忘れたセパレート部分も入れてー

IMG_1087.jpg

上部も入れて―

IMG_1088.jpg

個人ボード等諸々入れて―

IMG_1089.jpg

ルールブック入れて完成です!

IMG_1090.jpg

内容物全部入れたところですが、上にはやや余裕がある感じです。
サイズがちょっとくらいズレてしまっても大丈夫!

IMG_1091.jpg


実際の作業の際にはこちらの動画も参考にしました。
hal_99さんが大変わかりやすく、詳しくご紹介なさってますので、作業前に全体像をつかむ為にも是非参考になさってください。





というわけで、「カヴェルナ」収納ケースの制作レポートでした。
思いの外楽しい工作でした(テレビを見ながらのだらだら作業だったので半日くらいかかってしまいまいましたがw)。
細部を見ると結構雑に作っているのがばれてしまうんですが、全体的にはまぁまぁよくできたんじゃないかなー、なんて思ってます。
再度しなちくさんとhal_99さんに感謝を。
自分ひとりじゃ絶対無理でした。

カヴェルナ自体はまだプレイできていないのですが、収納がうまくできるとそれだけで気持ちいいものですね。
早くプレイしたい!

それでは!

別窓 | ボードゲーム_工作 | コメント:0 | ∧top | under∨

【HIGH-SPEED RAIDERS】

2016-02-04 Thu 01:50

アニメARC-V、遂にユーリの融合ドラゴンも登場して盛り上がってきましたねー。
個人的に主人公勢が使うテーマは結構好きなので、ユーリの操る食虫植物たちも気になるところです。

今回は、普段一人回しの調整相手として重宝しているデッキの紹介です。

HIGH-SPEED RAIDERS

【HIGH-SPEED RAIDERS】

[モンスター]20枚
SRダブルヨーヨー
SRベイゴマックス ×2
RR-ミミクリー・レイニアス
RR-ネクロ・ヴァルチャー
幻影騎士団ラギッドグローブ ×2
幻影騎士団ダスティローブ ×2
SRタケトンボーグ ×2
幻影騎士団サイレントブーツ ×2
RR-シンギング・レイニアス ×2
超電磁タートル
SR電々大公
SR三つ目のダイス ×2
SR赤目のダイス

[魔法]17枚

死者蘇生
おろかな埋葬
増援
貪欲な壺
ギャラクシー・サイクロン
タンホイザーゲート ×2
スピードリバース ×2
RUM-レイド・フォース ×2
RUM-スキップ・フォース ×2
ラプターズ・アルティメット・メイス
星邪の神喰 ×3

[罠]7枚

エクシーズ・リボーン
マジカルシルクハット
幻影翼
幻影剣
幻影霧剣 ×2
量子猫

[エクストラ]15枚

幻影騎士団ブレイクソード
虚空海竜リヴァイエール
トライエッジ・リヴァイア
発条機雷ゼンマイン
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン
ダイガスタ・エメラル
RR-フォース・ストリクス
RR-ブレイズ・ファルコン
RR-レヴォリューション・ファルコン ×2
RR-サテライト・キャノン・ファルコン
RR-アルティメット・ファルコン
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン
ミスト・ウォーム
氷結界の龍 トリシューラ


シンクロとエクシーズ、相反する召喚方法を操る主人公格2人のテーマを合わせて組んだデッキです。
デッキ名は両者のカードが初収録されたブースターSPのパック名から。
【ハイスピード・レイダーズ】です。

えー、正直このデッキに関しては語るところもあまりないような気がするのですが・・・。
まずデッキを組もうと思ったのは、星邪の神喰と三つ目のダイスとの親和性に着目したからでした。
既存のネクロガードナーと共にデッキに組み込むことで、闇→風→闇→風→・・・と毎ターン攻撃を防ぎ続けることができます。
相互に落とし続けることでデッキ圧縮にもなるので、いつか使いたかったわけです。

そんな中、墓地除外でアドを生む幻影騎士団が登場。
三つ目のダイスを除外して落とせる闇属性で、レベル3主体ということで、スピードロイドと非常に噛みあっていました。
そんなこんなで、パパッと組み合わせつつ調整したのが今回のデッキです。

調整過程でネクロガードナーは抜けてしまいましたが、代わりにレイドラプターズがin。
これは、ランク3主体で爆発性に欠けるファントムナイツの補助的にRUMだけ入れていたものが段々と増えていったのですが、相性は悪くありません。
適当なランク3にRUMレイドフォースを発動して出せるフォースストリクスに加え、ミミクリーレイニアスのRRサーチは自身の墓地除外をコストに発動するので星邪の神喰のトリガーとなり、ランク3が簡単に立つこのデッキではシンギングレイニアスの自己特殊召喚効果も発動する機会が多く、腐りません。
フォースストリクスでネクロヴァルチャーをサーチ、レイドフォースと共に除外して墓地のスキップフォースを回収してランクアップ、リヴァイエールでネクロヴァルチャーを帰還させてリリース、スキップフォースを回収して更なるランクアップ!
なんていうRRらしい動きも自然に狙えます。

RRエクシーズモンスターが立ちやすいので、ラプターズアルティメットメイスなんていう専用装備も使えるのもいいところ。
レヴォリューションファルコンの効果を使えない場面でも3000打点で殴りに行けます。
適当にフォースストリクスに装備させておいて、RUMサーチを嫌って除去を使ってくれれば儲けものです。

採用枚数は減ってしまいましたが、マジカルシルクハットは墓地にレイドフォースとスキップフォースを落として効果の発動を補助したり、幻影霧剣のデメリットで相手を殴れず膠着した場面を解除するためのギャラクシーサイクロンなど、状況に応じて使い分けられるいいカードです。

タンホイザーゲートは、下級RR2体から直接サテライトキャノンファルコンを出す用に採用。
本当は順調にランクアップしたいところですが、途中を除外されたりしてそれが困難になった場合や、手っ取り早くアルティメットファルコンに繋げなくてはならない場面等、地味に欲しくなる盤面はあったので2枚入れてあります。
本当はSRやファントムナイツから繋げる打点要員のビヨンドザホープ、RRから出す除去要因のジャイアントキラー等入れたかったのですが、エクストラの枠の都合上泣く泣く解雇。
と言っても、エクストラはまだ調整中なので入れる余地はあると思っていますが。

量子猫は、攻撃力0という点を活かしてタンホイザーゲートの補助としての採用。
単純にエクシーズに使っても強いですね。
元々はブレイクソードから繋ぐようにヴェルズナイトメアが入っていて、闇属性縛りを無視しつつ出せる~とか理由付けがあった気もしますが、今となっては…ですね。


最初に書きましたが、このデッキは普段一人回しをする時の調整相手になることが多いです。
というのも、三つ目のダイスや超電磁タートルによって防御性能が比較的高く、幻影霧剣というサーチできるデモンズチェーンが構えられ、遭遇しやすいクリアウィングシンクロドラゴンが出し易く、アルティメットファルコンという超耐性モンスターも出せる・・・
という、フリーで出会った時に苦戦しやすい要素が詰まったデッキなのです。
オフ会などでカードパワーの高いデッキに何もできず終わらないよう、このデッキを仮想敵として対策をしておくわけです!

こんなところでしょうか。
あまり特別なところはないデッキなんですが、最近まともなデッキを持たずに参加してしまったオフ会では中々の勝率だった、とだけ報告させていただきます。
いい加減ちゃんとしたデッキ組みます。
・・・このデッキに勝てるような。
それでは。

別窓 | 遊戯王_デッキレシピ | コメント:0 | ∧top | under∨
| パンデュエ!ゲーム観測所 |