遊戯王デュエル動画のデッキの紹介だったり
ボードゲームのことだったり

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

パラサイト・フュージョナーの可能性

2017-07-16 Sun 07:00




パラサイトフュージョナー


《パラサイト・フュージョナー/Fusion Parasite》
効果モンスター
星1/闇属性/昆虫族/攻 0/守 0
このカードは、このカードの①の効果を適用する場合のみ融合素材にできる。
①:このカードは、融合モンスターカードに
カード名が記された融合素材モンスター1体の代わりにできる。
その際、他の融合素材モンスターは正規のものでなければならない。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、
このカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。



2016年19月に発売されたレイジング・テンペストで登場した昆虫族モンスター、《パラサイト・フュージョナー》。
特殊召喚に成功した時に即座に融合召喚を行うことができる一方で、
融合素材代用効果を使用しないと融合素材にできないという制約も持っています。

CIRCUIT BREAKにて登場した新規テーマ「クローラー」。
リバーステーマであると同時に昆虫テーマでもあり、クローラーのサポートカードは
リバース・昆虫族のサポートカードにもなっています。
例えば、《星遺物に差す影》は、クローラーモンスターの全体強化をするフィールド魔法ですが、
手札のレベル2以下の昆虫族を表守備か裏守備表示で特殊召喚する効果を持っています。
《パラサイト・フュージョナー》は《悪夢再び》で手札に回収しやすいレベル1昆虫族……。
あとは……言わなくても、ね?

とまぁ。いい風が来ているような気がします。
しかし、中々面白い効果を持っていながら、具体的に何が出せるのか分かる一覧がない……。
というわけで今回は、このカードを使って出せる融合モンスターを一部選抜してまとめてみました。
(流石に初期バニラ系全部入れても……)
一応自分用に作ったのですが、これを見たデュエリストのデッキ構築の一助となれば幸いです。

 ※以下の表では、基本50音順、テーマ系はまとめて記載しています。
   「補足」の欄では、思いついたことを適当に。何か参考になれば。


テーマなしバニラ
カード名融合素材補足
 《クリッチー》  「《クリッター》」+「《黒き森のウィッチ》」  能動的にサーチ効果を発動可 
 《千年竜》  「《時の魔術師》」+「《ベビードラゴン》」  エクシーズに重宝する☆7ドラゴン
 時の魔術師なら使うことあるかも…? 
 《双頭の雷龍》  「《サンダー・ドラゴン》」+「《サンダー・ドラゴン》」  デュエルリンクスで大活躍の☆7モンスター 
 (サンダー・ドラゴンを場に出すことはあるのか?) 
テーマなし効果
カード名融合素材補足
 《異星の最終戦士》  「《ダーク・ヒーロー ゾンバイア》」+「《魔力吸収球体》」  魔力吸収球体は《ビッグ・ホエール》でリクル可 
 《サウザンド・アイズ・サクリファイス》  「《サクリファイス》」+「《千眼の邪教神》」  両融合素材とパラサイトが《悪夢再び》対応 
 《地天の騎士ガイアドレイク》  「《大地の騎士ガイアナイト》」+効果モンスター以外のシンクロモンスター  バニラシンクロの用意が面倒か 
 《有翼幻獣キマイラ》  「《幻獣王ガゼル》」+「《バフォメット》」  バフォメットを採用しない型ならあり 
テーマ・カテゴリ系
 《アマゾネス女帝》  「《アマゾネス女王》」+「アマゾネス」モンスター  アマゾネス強化が来た今なら楽に出せる☆8 
 《アマゾネスペット虎獅子》  「《アマゾネスペット虎》」+「アマゾネス」モンスター  同上。☆7獣という点を活かしたい 
 《WW-クリスタル・ベル》  「《WW-ウィンター・ベル》」+「WW」モンスター  アニメ再現したいなら 
 コピーだけなら《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》の方が出しやすいかも? 
 《E・HERO ネオス・ナイト》  「《E・HERO ネオス》」+戦士族モンスター  《真紅眼の黒刃竜》と出し分けられる。 
 レベルは一緒だが、こちらは主に打点目的で使うことになるか 
 《キング・もけもけ》  「《もけもけ》」+「《もけもけ》」+「《もけもけ》」  もけもけを場に2体揃えるのがつらい。 
 もけもけ・ナイトが出るのを待とう 
 《キメラテック・オーバー・ドラゴン》  「《サイバー・ドラゴン》」+機械族モンスター1体以上  機械族と合わせて出せる☆9. 
 《錬装融合》他、自分の場を更地にする目的で使うこともあるかも? 
 《サイバー・ツイン・ドラゴン》  「《サイバー・ドラゴン》」+「《サイバー・ドラゴン》」  《サイバー・ドラゴン・コア》もいるし出しやすいはず 
 《召喚獣メルカバー》  「《召喚師アレイスター》」+光属性モンスター  メルカバーに限らず召喚獣全般出しやすい。 
 困ったら召喚獣な 
 《超魔導剣士-ブラック・パラディン》  「《ブラック・マジシャン》」+「《バスター・ブレイダー》」  《永遠の魂》を積んでるなら召喚権食わずに出しやすい 
 《竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー》  「《バスター・ブレイダー》」+ドラゴン族モンスター  どうせ専用構築するだろうからパラサイトでは狙わないだろうが… 
 一応ドラゴンとで出せる☆8ということに意義を見出したい 
 《真紅眼の黒刃竜》  「《真紅眼の黒竜》」+戦士族モンスター  素材が緩い上に単体でも強い☆7ドラゴン 
 《メテオ・ブラック・ドラゴン》  「《真紅眼の黒竜》」+「《メテオ・ドラゴン》」  レッドアイズデッキなら容易に出せる高打点☆8バニラドラゴン 
 《ブラック・デーモンズ・ドラゴン》  「《デーモンの召喚》」+「《真紅眼の黒竜》」  同上。 
 こちらは《浮鵺城》で釣り上げて★9に繋げられる☆9バニラドラゴン 
 《ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》  「《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》」+魔法使い族モンスター  緩い素材で出せる3000打点☆8ドラゴン 

スポンサーサイト

別窓 | 遊戯王_カード考察 | コメント:0 | ∧top | under∨

【カード考察】星邪の神喰対応カード【光・闇・その他編】

2015-02-12 Thu 22:50

星邪の神喰
星邪の神喰
永続魔法
自分の墓地のモンスター1体のみがゲームから除外された場合、
除外されたそのモンスターと異なる属性のモンスター1体を
デッキから墓地へ送る事ができる。
「星邪の神喰」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

2013年2月に発売されたLORD OF THE TACHYON GALAXYで登場した永続魔法、《星邪の神喰》。
毎ターン発動できる代わりに制約がついた《おろかな埋葬》とでも言うべきカードで、登場からじわじわと対応カードを増やしています。
大変面白いカードなのですが、対応カードが多く、デッキを考えるとき大変ですよね。
というわけで今回は、このカードの発動トリガーとなるカードをまとめてみました。
完全に自分用なのですが、これを見たデュエリストのデッキ構築の一助となれば幸いです。
というわけで後編です!

 ※以下の表では、除外する・される属性別に、カード名をモンスター・魔法・罠の並びで50音順に記載しました。
   2種類以上の属性に対応したカードは「その他」の欄に記載してあります。
   「その他」の欄では、補足中のカッコの中に除外する・される属性を示しています。

光属性
カード名 補足
暗黒竜 コラプサーペント なし
EMジンライノ 自場に「EM」カードが必要
ADチェンジャー 場にモンスターが必要
ONeサンダー 墓地に自身以外の雷族・光属性・☆4・攻撃力1600以下のモンスターが必要
オーバーレイ・イーター 自場にXモンスター、相手場に素材を持ったXモンスターが必要
オーバーレイ・スナイパー 自場に素材を持ったXモンスター、相手場にモンスターが必要
オーバーレイ・ブースター 自場に素材を持ったXモンスターが必要
極神皇トール 除外対象は「極星獣グルファクシ」のみ
極夜の騎士ガイア なし
幻獣サンダーペガス 自場に「幻獣」モンスターが必要
サイバー・エルタニン 機械族・光属性モンスターが墓地に1体のみ存在し、自場に存在しない時のみ
サイバー・ドラゴン・コア 自場にモンスターが存在しない時のみ
熟練の青魔道士 自場に魔力カウンターを置くことが出来るカードが必要
スターダスト・ファントム 自場にドラゴン族Sモンスターが必要
セイクリッド・ソンブレス 対象は「セイクリッド」モンスターのみ
霊魂の護送船 なし
超電磁タートル なし
フォトン・パイレーツ 対象は「フォトン」モンスターのみ
武神器-イクタ 自場に「武神」モンスターが必要
武神器-オキツ 手札に「武神」モンスターが必要
武神器-サグサ 自場に「武神」獣戦士族モンスターが必要
武神器-ハチ 自場に「武神」獣戦士族モンスターが必要
武神器-ヘツカ 自場に「武神」モンスターが必要
武神器-ムラクモ 自場に「武神」獣戦士族モンスターが必要
武神-ヒルメ 対象は自身以外の「武神」モンスターのみ
ブーテン 自場に☆4以下の天使族・光属性モンスターが必要
マスター・ヒュペリオン 対象は天使族のみ
紋章獣ユニコーン 墓地にサイキック族Xモンスターが必要
ライトレイ ディアボロス 相手場にセットされたカードが必要
ティンクル・セイクリッド 対象は「セイクリッド」モンスターのみ
アルカナコール 対象は「アルカナフォース」モンスターのみ
運命の扉 対象は「希望皇ホープ」モンスターのみ


闇属性
カード名 補足
インフェルニティ・ジェネラル 自手札0枚かつ墓地に☆3以下の「インフェルニティ」モンスター2体が必要
ヴァンパイア・ソーサラー なし
ヴェルズ・ケルキオン 対象は「ヴェルズ」モンスターのみ
儀式魔人カースエンチェンター 儀式魔法が必要
儀式魔人ディザーズ 儀式魔法が必要
儀式魔人デモリッシャー 儀式魔法が必要
儀式魔人プレコグスター 儀式魔法が必要
儀式魔人プレサイダー 儀式魔法が必要
儀式魔人リリーサー 儀式魔法が必要
輝白竜 ワイバースター なし
極神皇ロキ 対象は「極精霊」チューナーのみ
ゴルゴニック・ゴーレム 相手場にセットされた魔法・罠カードが必要
邪狂神の使い 相手スタンバイフェイズにのみ
絶対王 バック・ジャック 相手ターンにのみ
タスケルトン なし
タン・ツイスター アドバンス召喚する必要あり
ダメージ・イーター 相手ターンのみ
ダーク・クリエイター 墓地に特殊召喚可能な闇属性モンスターが必要
D-HERO ディアボリックガイ デッキに同名カードが必要
伝説の預言者マーリン S召喚、またはX召喚出来る状態の時のみ
Dragoon D-END 対象は「D-HERO」モンスターのみ
ネクロ・ガードナー なし
ネクロ・ディフェンダー 自場にモンスターが必要
白夜の騎士ガイア なし
BF-陽炎のカーム 自場にモンスターが存在せず、墓地にSモンスターが存在する時のみ
BF-尖鋭のポーラ 自場に「BF」モンスターが必要
ヘルウェイ・パトロール 手札に攻撃力2000以下の悪魔族モンスターが必要
ヘル・エンプレス・デーモン 対象は悪魔族のみ
マジック・リサイクラー 墓地に魔法カードが必要
闇王プロメティス 召喚時のみ
闇・道化師のペーテン 手札・デッキに同名カードが必要
闇魔界の戦士長 ダークソード 相手場に光属性・☆4以下のモンスターが必要
ワイトキング 対象は「ワイトキング」または「ワイト」のみ
ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン 対象は☆6以下の効果モンスターのみ
インフェルニティ・ブレイク 対象は「インフェルニティ」モンスターのみ
D-フォーチュン 対象は「D-HERO」モンスターのみ


その他
カード名 補足
甲虫装機 ギガグリオル 対象は昆虫族モンスターのみ(全属性)
ヴェルズ・サラマンドラ 対象は全モンスター(全属性)
E・HERO ゴッド・ネオス 対象は「ネオス」「N(ネオスペーシアン)」「HERO」モンスターのみ(全属性)
カオスソルジャー -宵闇の使者- 墓地に光属性・闇属性が1体ずつの場合のみ(闇・光)
CNo.32海咬龍シャーク・ドレイク・バイス 対象は全モンスター(全属性)
覚醒戦士 クーフーリン 対象は通常モンスター(全属性)
カトブレパスと運命の魔女 対象は攻撃力が?のモンスター(神属性を含む全属性)
寡黙なるサイコプリースト 対象はサイキック族モンスターのみ(闇・光・地・水・風)
ガガガカイザー 対象は全モンスター(全属性)
奇跡の代行者 ジュピター 対象は「代行者」モンスターのみ(闇・光)
強化人類サイコ 対象はサイキック族モンスターのみ(闇・光・地・水・風)
極神聖帝オーディン 対象は「極星天」チューナーのみ(闇・光)
ギミック・パペット-ネクロ・ドール 対象は「ギミック・パペット」モンスターのみ(闇・地)
剣闘獣ラニスタ 対象は「剣闘獣」モンスターのみ(全属性)
コアキメイル・グールズスレイブ 対象は「コアキメイル」モンスターのみ(地・水・炎・風)
コアキメイル・ルークロード 対象は「コアキメイル」モンスターのみ(地・水・炎・風)
混沌の呪術師 対象は全モンスター(全属性)
サイコ・ヘルストランサー 対象はサイキック族モンスターのみ(闇・光・地・水・風)
ジャイアントワーム 対象は昆虫族モンスターのみ(全属性)
邪帝家臣ルキウス 対象は☆5以上のモンスターのみ(全属性)
邪龍アナンタ 墓地に爬虫類族モンスターが1体のみの場合のみ。対象は爬虫類族(全属性)
ジャンク・バーサーカー 対象は「ジャンク」モンスターのみ(闇・光・地・風)
ジャンク・ブレーダー 対象は「ジャンク」モンスターのみ(闇・光・地・風)
スプレンディッド・ローズ 対象は植物族のみ(全属性)
スポーア 対象は植物族のみ(全属性)
SDロボ・モンキ 対象は機械族モンスターのみ(全属性)
精霊獣 アペライオ 対象は「霊獣」モンスターのみ(光・風)
赤竜の忍者 対象は「忍者」モンスターのみ(全属性)
戦慄の凶皇-ジェネシス・デーモン 対象は「デーモン」モンスターのみ(全属性)
魂を喰らう者 バズー 対象は全モンスター(全属性)
ダーク・カタパルター 対象は全モンスター(全属性)
沈黙のサイコウィザード 対象はサイキック族モンスターのみ(闇・光・地・水・風)
TG ブレード・ガンナー 対象は「TG」モンスターのみ(闇・光・地・風)
D・スマホン 対象は「D(ディフォーマー)」モンスターのみ(光・地・炎・風)
D・リモコン 対象は「D(ディフォーマー)」モンスターのみ(光・地・炎・風)
泣き神の石像 対象はチューナーモンスターのみ(全属性)
ナチュル・エクストリオ 対象は全モンスター(全属性)
HSR魔剣ダーマ 対象は機械族モンスターのみ(全属性)
波動竜騎士 ドラゴエクィテス 対象はドラゴン族Sモンスターのみ(全属性)
ファントム・オブ・カオス 対象は効果モンスターのみ(全属性)
フェニキシアン・クラスター・アマリリス 対象は植物族モンスターのみ(全属性)
フレムベル・デスガンナー 対象は守備力200のモンスターのみ(全属性)
ブラック・ローズ・ドラゴン 対象は植物族モンスターのみ(全属性)
M・HERO 光牙 対象は「HERO」モンスターのみ(全属性)
マドルチェ・ホーットケーキ 対象は全モンスター(全属性)
未来サムライ 対象は全モンスター(全属性)
メガロック・ドラゴン 対象は岩石族モンスターのみ(全属性)
メンタルオーバー・デーモン 対象はサイキック族モンスターのみ(闇・光・地・水・風)
大和神 対象はスピリットモンスターのみ(闇・光・地・水・炎)
ライトレイ ギア・フリード 対象は戦士族モンスターのみ(全属性)
ワーム・ゼロ 対象は爬虫類族モンスターのみ(全属性)
ワーム・テンタクルス 対象は「ワーム」爬虫類族モンスターのみ(光・地)
暗黒界の門 対象は悪魔族モンスターのみ(全属性)
イージーチューニング 対象はチューナーモンスターのみ(全属性)
先史遺産都市バビロン 対象は「先史遺産」モンスターのみ(光・地)
先史遺産技術 対象は「先史遺産」モンスターのみ(光・地)
クイズ 対象は全モンスター(全属性)
光子竜降臨 対象は☆4以下のモンスターのみ(全属性)
魂の解放 対象は全モンスター(全属性)
影霊衣の降魔鏡 対象は「影霊衣」モンスターのみ(水・炎)
ネクロの魔導書 対象は魔法使い族モンスターのみ(全属性)
薔薇の刻印 対象は植物族モンスターのみ(全属性)
バーサーカークラッシュ 対象は全モンスター(全属性)
百機夜工 墓地の「D(ディフォーマー)」モンスターが1体のみの場合のみ。対象は「D(ディフォーマー)」モンスターのみ(光・地・炎・風)
フューチャー・グロウ 対象はサイキック族モンスターのみ(闇・光・地・水・風)
無視加護 対象は昆虫族モンスターのみ(全属性)
モンスター・スロット 対象は全モンスター(全属性)
レプティレス・スポーン 対象は「レプティレス」モンスターのみ(闇・水)
決戦の火蓋 対象は全モンスター(全属性)
死霊の巣 場に☆1モンスターが必要。対象は全モンスター(全属性)
生存本能 対象は恐竜族モンスターのみ(全属性)
ファイアー・ウォール 対象は炎族モンスターのみ(闇・光・地・炎・風)
ライヤー・ワイヤー 対象は昆虫族モンスターのみ(全属性)
竜魂の城 対象はドラゴン族モンスターのみ(全属性)

別窓 | 遊戯王_カード考察 | コメント:1 | ∧top | under∨

【カード考察】星邪の神喰対応カード【地・水・炎・風編】

2015-02-12 Thu 22:45

星邪の神喰
星邪の神喰
永続魔法
自分の墓地のモンスター1体のみがゲームから除外された場合、
除外されたそのモンスターと異なる属性のモンスター1体を
デッキから墓地へ送る事ができる。
「星邪の神喰」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

2013年2月に発売されたLORD OF THE TACHYON GALAXYで登場した永続魔法、《星邪の神喰》。
毎ターン発動できる代わりに制約がついた《おろかな埋葬》とでも言うべきカードで、登場からじわじわと対応カードを増やしています。
除外さえされれば効果によるものでもコストでも発動してくれる点も優秀です。
ただし、ダメージステップでは発動しないので注意を。

大変面白いカードなのですが、対応カードが多く、デッキを考えるとき大変ですよね。
というわけで今回は、このカードの発動トリガーとなるカードをまとめてみました。
完全に自分用なのですが、これを見たデュエリストのデッキ構築の一助となれば幸いです。
長いので2回に分けます!

 ※以下の表では、除外する・される属性別に、カード名をモンスター・魔法・罠の並びで50音順に記載しました。
   2種類以上の属性に対応したカードは「その他」の欄に記載してあります。


地属性
カード名 補足
アマリリース なし
岩の精霊 タイタン なし
先史遺産コロッサル・ヘッド 場に攻撃表示の☆3以上のモンスターが必要
カーボネドン 手札・デッキに☆7以下のドラゴン族通常モンスターが必要
廃品眼の太鼓竜 対象は「SDロボ」モンスターのみ
ギガンテス なし
黒光するG 相手場にSモンスターが特殊召喚された時のみ
ジェムナイト・アイオーラ 対象は「ジェム」モンスターのみ
ジェムナイトマスター・ダイヤ 対象は☆7以下の「ジェムナイト」融合モンスターのみ
C・ドラゴン 墓地の「C(チェーン)」モンスターが1体のみの場合のみ。対象は「C(チェーン)」モンスターのみ
超重武者カゲボウ-C 自場に「超重武者」モンスターが必要
超重武者グロウ-V 相手モンスターの直接攻撃宣言時のみ
超重武者装留ビッグバン 自場に守備表示の「超重武者」モンスターが必要
超重武者装留ブレイク・アーマー 場に元々の守備力よりも守備力が低い「超重武者」モンスターが必要
薔薇恋人 手札に植物族モンスターが必要
H・C アンブッシュ・ソルジャー 手札・墓地に同名以外の「H・C」モンスターが必要
プリベントマト 相手ターンのみ
ペロペロケルペロス 戦闘または相手の効果でダメージを受けた場合のみ
マシンナーズ・メガフォーム 「マシンナーズ・フォートレス」が自場から墓地へ送られた場合のみ
馬頭鬼 墓地にアンデット族モンスターが必要
ジェムナイト・フュージョン 対象は「ジェムナイト」モンスターのみ
古代の機械工場 対象は「アンティーク・ギア」モンスターのみ


水属性
カード名 補足
粋カエル 対象は「ガエル」モンスターのみ
機甲忍者アクア 墓地に「忍者」モンスターが必要
キラー・スネーク 相手エンドフェイズのみ
キラー・ラブカ 自場の魚族・海竜族・水族モンスターが攻撃対象にされた時のみ
雲魔物-ストーム・ドラゴン 対象は「雲魔物」モンスターのみ
ゲイザー・シャーク 墓地に同名以外の水属性・☆5モンスター2体が必要
フラッピィ 墓地・除外ゾーンに同名カードが3枚必要
水精鱗-アビスマンダー 自場に「水精鱗」モンスターが必要
水の精霊 アクエリア なし
異次元海溝 なし


炎属性
カード名 補足
インフェルノイド・アスタロス 自場の効果モンスターの☆・★の合計が8以下の時のみ。対象は「インフェルノイド」モンスターのみ
インフェルノイド・シャイターン 自場の効果モンスターの☆・★の合計が8以下の時のみ。対象は「インフェルノイド」モンスターのみ
インフェルノイド・ベルゼブル 自場の効果モンスターの☆・★の合計が8以下の時のみ。対象は「インフェルノイド」モンスターのみ
インフェルノイド・ルキフグス 自場の効果モンスターの☆・★の合計が8以下の時のみ。対象は「インフェルノイド」モンスターのみ
ヴォルカニック・カウンター 自分が戦闘ダメージを受けたときのみ
炎熱刀プロミネンス 対象は「ラヴァル」モンスターのみ
灼熱工の巨匠カエン 自場に「ラヴァル」モンスターが必要
ジュラック・タイタン 対象は攻撃力1700以下の「ジュラック」モンスターのみ
スピード・キング☆スカル・フレイム 対象は「スカル・フレイム」のみ
蒼炎の剣士 墓地に戦士族・炎属性モンスターが必要
BK リベージ・ガードナー 自場に「BK」モンスターが必要
炎の精霊 イフリート なし
ラヴァル・グレイター 対象は「ラヴァル」モンスターのみ
ラヴァル・ステライド 対象は「ラヴァル」モンスターのみ
ラヴァルロード・ジャッジメント 対象は「ラヴァル」モンスターのみ
紅蓮の炎壁 対象は「ラヴァル」モンスターのみ
炎塵爆発 墓地の「ラヴァル」モンスターが1体のみの場合のみ。対象は「ラヴァル」モンスターのみ
火遁封印式 なし
フレムベルカウンター 対象は守備力200のモンスターのみ


風属性
カード名 補足
EMスプリングース 自Pゾーンの「魔術師」カード、「EM」カード、自場のPモンスターのうち2枚が必要
風の精霊 ガルーダ なし
ガスタ・サンボルト 対象は「ガスタ」モンスターのみ
幻獣機エアロスバード 対象は「幻獣機」モンスターのみ
幻獣機オライオン 手札に「幻獣機」モンスターが必要
幻獣機ブルーインパラス 相手場にモンスターが存在し、自場にモンスターが存在しない場合のみ
音響戦士サイザス 除外ゾーンに同名以外の「音響戦士」モンスターが必要
音響戦士ドラムス 自場に「音響戦士」モンスターが必要
音響戦士ピアーノ 自場に「音響戦士」モンスターが必要
音響戦士ベーシス 自場に「音響戦士」モンスターが必要
シルフィード なし
ダイガスタ・イグルス 自分のエンドフェイズ時のみ
紋章獣アバコーンウェイ 墓地に同名カードが必要
紋章獣ツインヘッド・イーグル 自場に素材のないXモンスター、墓地に「紋章獣」モンスター2体が必要
ラッシュ・ウォリアー 墓地に「シンクロン」モンスターが必要
真紅眼の飛竜 通常召喚を行っていないエンドフェイズのみ。墓地に「レッドアイズ」モンスターが必要

別窓 | 遊戯王_カード考察 | コメント:0 | ∧top | under∨

サッド・ストーリー~悲しみの記憶~

2014-10-02 Thu 01:38

★悲劇の化身

BQD



最近のマイブーム。
気付いたら投入したデッキが3つになっていた《バッド・エンド・クイーン・ドラゴン》(以下、BQD)を考察してみました。

《バッド・エンド・クイーン・ドラゴン》
効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻1900/守2600
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上の永続魔法カードが3枚以上の場合に特殊召喚できる。
このカードの攻撃によって相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
相手は手札を1枚選んで墓地へ送り、
自分はデッキからカードを1枚ドローする。
また、このカードがフィールド上から墓地へ送られていた場合、
自分のスタンバイフェイズ時に、自分フィールド上に表側表示で存在する
永続魔法カード1枚を墓地へ送る事で、このカードを墓地から特殊召喚する。

戦闘ダメージを通すだけで相手と2アド差をつけられる優秀なカードですが、自身の特殊召喚には3枚の永続魔法カードが必要であり、どのデッキのも無計画に入れられるカードではありません。
ですが、デッキのギミックに永続魔法を多用できるデッキならば、その真価を発揮して活躍する事でしょう。

現在までに203種類登場している永続魔法。
以下では、使えそうなものを考えていきます。


《エクシーズ・チェンジ・タクティクス》
 「希望皇ホープ」カードの特殊召喚に反応して1ドローできるカード。
 ランク4エクシーズを使うデッキなら自然に採用でき、デッキの回転を速めることで、手札に加えにくいBQDをドロー出来る可能性も秘めている。
 ただ、『1枚しか表側表示で存在できない』の1文がなければ使い勝手が違ったのに、と悔やまれる1枚。

《炎舞-「天キ」》等「炎舞」永続魔法カード
 言わずもがな、永続魔法を多用するテーマである炎星のサポートカード群。
 自身の強化や召喚サポート、相手のバック抑制、表側除去と、優秀なカードが揃っている。
 炎星達の効果でサーチも容易で、各種3積み出来るのも大きな利点。
 当然《エクシーズ・チェンジ・タクティクス》のような発動制限もない。
 BQDと合わせるメリットを見つけられれば、最もオーソドックスな組み合わせとして運用できそう。

《「A」細胞増殖装置》《「A」細胞培養装置》《古代遺跡コードA》
 エーリアン、というかAカウンターサポートの永続魔法。
 正直Aカウンターは《「A」細胞散布爆弾》で一気に溜めるのが主流なため、前半2つは使い勝手が微妙だが、単純にテーマ内に2枚以上永続魔法が含まれている時点で優秀。
 《古代遺跡コードA》は、Aカウンターを利用した蘇生効果。
 複数並べれば1ターンに複数蘇生できる。
 エーリアンは、《宇宙砦ゴルガー》の存在から、相手ターン中に永続魔法カードを放置せずに済むため、単純に相性がいいのもGood。

《先史遺産―ピラミッド・アイ・タブレット》
 《先史遺産ネブラディスク》でサーチが可能。以上。

《神の居城―ヴァルハラ》《コート・オブ・ジャスティス》
 前者は《ヘカテリス》でサーチが可能で、こちらは召喚権を使わない。
 どちらも天使族の特殊召喚サポートで、効果も優秀。

《カードトレーダー》
 テーマ性の強い永続魔法が多い中、単体で機能してくれる嬉しいカード。
 コンボデッキの宿命たる手札事故まで補ってくれる。
 とりあえずデッキ内の永続魔法を増やしたかったら採用、という感じ。

《強者の苦痛》
 相手モンスターの攻撃力をレベルに応じて下げるカード。
 《No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ》とのコンボはあまりにも有名。
 当然、BQDの戦闘サポにもなる。
 最近はエクシーズも多いので考えなしに突っ込めないカードではあるが、未だに高い汎用性を保っている。

《驚天動地》
 最近登場したばかりの期待の新人。
 デッキからカードが墓地に送られたモーションをトリガーに自分・相手の墓地のカードをデッキに戻し、以降の墓地送りを封じる。
 相手ターン中にデッキから墓地に送れるカード、例えば《針虫の巣窟》や《リビングデッドの呼び声》+《終末の騎士》、テーマ色は強いが《復活の聖刻印》や《岩投げアタック》で起動でき、相手の妨害や自分のカードの再利用ができるという仕事ぶり。
 これ1枚を軸にしたデッキもいけそうである。

《地獄門の契約書》《魔神王の契約書》
 アニメ組の人気カード、DDとのシナジーが強い契約書カード。
 炎舞と同じくサーチ、サルベージが容易で、揃えやすいのが特徴。
 サーチ先の《DDプラウド・オーガ》、融合先の《DDD烈火王テムジン》とBQDのレベルが6であるため、ランク6エクシーズも狙える。
 地獄門が集めにくいのがネック。

《星邪の神喰》
 遊戯王カジュアル勢・動画勢御用達のコンボカード。
 こいつも1枚で主軸になれる。
 永続魔法と相性のいい《BF―精鋭のゼピュロス》を直接落とせる他、《モンスター・スロット》、《暗黒竜 コラプサーペント》などの汎用性の高いもので起動できるので使い勝手が良い。
 詳しい使い方は検索してください。

《7》
 ここ最近ずっと考え続けているカード。
 同名カードが3枚揃うと3枚ドロー効果が発動し、その後破壊される。
 単体では機能しないのはネックだが、《白竜の忍者》が存在すれば破壊されないため、《宇宙砦ゴルガー》や《霞の谷の雷神鬼》などでバウンスできれば再度発動、3ドローが出来る。
 これらが上手く出来るデッキを考えているが、中々難しい…。
 上手くまとまったらブログなり動画なりで紹介します。

《魂を吸う竹光》
 竹光サポートを受けて輝く1枚。
 最近《妖刀竹光》からサーチも可能になった。
 《黄金色の竹光》のドロー効果も併せてデッキの回転を上げてBQDを展開しやすい。

《天変地異》《デーモンの宣告》
 【天変地異コントロール】の主軸となる永続魔法。
 後者は《トリック・デーモン》でサーチができ、《深海のディーヴァ》と《リチュア・リバイナー》も併せ、デッキ回転率は高め。
 自然にBQDを組み込める。

《トイポット》
 《ファーニマル・ベア》から召喚権を使わずにサーチ可能。
 自身が墓地に送られた時にファーニマルをサーチ出来る誘発効果があり、ためらいなくBQDの蘇生コストに出来るのが素晴らしい。
 《ラヴァルバル・チェイン》で墓地に送り《ファーニマル・ベア》をサーチしてこのカードに繋げられることから、今までの永続魔法の中でも手札に加えるのが断トツで楽なことが利点。
 万能サーチの《ファーニマル・ドッグ》の存在もあり、使い勝手がいい。
 ファーニマルたちはあんな見た目をして天使族であり、手札から特殊召喚しても効果を発動できることから、同じく永続魔法でサーチしやすい《神の居城―ヴァルハラ》を組み合わせてもいい。
 
《ブレイズ・キャノン》
 《ヴォルカニック・ロケット》の召喚・特殊召喚時にサーチ・サルベージ出来る。
 回収のしやすさは周知のことであり、気兼ねなくBQDの蘇生コストにもできる。
 効果の発動には《ヴォルカニック・バレット》が適しており、バレットを回収して増えた手札を《カードトレーダー》でまわす戦術も可能。

《陽炎柱》
 《陽炎獣 サーベラス》からサーチ可能。
 陽炎獣がレベル6中心であり、BQDとエクシーズ可能である点、サーベラスが《炎王の急襲》から展開が容易である点などで相性がいい。
 一度BQDを正規の方法で特殊召喚しておけば、【聖刻陽炎獣】でエクシーズが容易な《甲虫装機 エクサビートル》で装備からの墓地送りでBQD蘇生が可能。
 エクシーズ素材にしてしまったときなどに有効な戦術である。

《補給部隊》
 とりあえず貼っておけば強いカード。
 《番犬―ウォッチドッグ》の効果でサーチしておけば、低攻撃力をさらしたままでも安心して《エア・サーキュレーター》のような運用が出来る。
 BQDなら蘇生効果があるので心置きなく破壊されてやれる。
 《スクラップ・ドラゴン》や《デーモン・イーター》、《激流葬》で積極的にBQDを破壊してアドをとっていってもいい。

《燃えさかる大地》
 今や張替えによる能動的な破壊が出来なくなってしまった《歯車街》や《幽獄の時計塔》などの破壊要因としてコンボパーツに使える。
 バーン効果も地味ながらゲーム終盤に効いてくる。
 《歯車街》があるときに発動し、《古代の機械合成獣》をリクルートしてランク6にもつなげられる。
 また、相手のフィールドも破壊してくれることも覚えておくと役立つ。

「宝玉獣」モンスター
 永続魔法ではないが、効果で永続魔法扱いになれるモンスター群。
 獣族が多く、近年サポートが増えてきた。
《レア・ヴァリュー》で墓地に送られた《宝玉獣サファイア・ペガサス》を《エアーズロック・サンライズ》で蘇生、永続魔法を+1し、BQDとは《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》が融合召喚できる。
【宝玉獣】にBQDを挿すだけで機能するのでデッキ構築が楽でいい。


さて、ざっとですが永続魔法を考察してみました。
この他にもテーマサポートや種族サポート等で優秀な永続魔法は多いので、好きな永続魔法を軸にしてデッキを組んでみてはどうでしょうか。
マイナーなカードにスポットが当たるのもこのカードのいいところ。
僕も今考えてるデッキ頑張ります(血涙)。

別窓 | 遊戯王_カード考察 | コメント:0 | ∧top | under∨
| パンデュエ!ゲーム観測所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。