FC2ブログ
遊戯王デュエル動画のデッキの紹介だったり
ボードゲームのことだったり

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

OUTLIVE ~Kickstarter利用記~

2017-07-15 Sat 20:34

IMG_3985.jpg

遂に届きました!「OUTLIVE」!!
いやーカッコいい箱絵ですね~素晴らしい!

IMG_3983.jpg

いやデカいな!

ナヴェガドールより大きいとなるとうちの棚に入らないんだが……と!それは置いといて!


皆さんはKickstarterというサイトをご存知ですか?

「Kickstarter」はアメリカの企業が運営するクラウドファンディングサービスです。
個人、あるいはサークル、パブリッシャーが新たに製作したいモノ・サービスに対して
応援しよう!と思ったらそのプロジェクトを個人的に支援し、見事プロジェクトが完遂した暁には
何かしらのリターンを受け取ることができる。
大体こんなイメージでしょうか。

あくまでプロジェクトに対する支援、であって単純なお買いものではないことには注意が必要です。
プロジェクトに必要な金額が集まれば無事進行することになりますが、そこからリターンを受け取るまでには
1年近く待つこともざらですし、最悪の場合、支援したプロジェクトが頓挫して雲散霧消、なんんてこともあるかも知れません。

それでも、支援したプロジェクトが形になる喜び、もっと現金な話をしてしまえば、
一般流通するより早く商品を手に取れたり、安く入手できたり、非売品のおまけがついて来たり、
と様々な見返りがあることは事実で、リスクを十分承知した上でプロジェクトをキック(支援)する人は多いでしょう。
(私もそんな一人です。)


さて、今回我が家に届いたボードゲーム「OUTLIVE」もKickstarter発のモノになります。
実際のプロジェクトページはこちら → https://www.kickstarter.com/projects/laboitedejeu/outlive

まず、当然ですが全部英語のページです。
英語できないから…と敬遠しがちな方でも大丈夫!
英語なんてこれっぽっちも自信のない私でもなんとかリターン品を受け取ることまでできているので!安心してください!

実はこのプロジェクト、開始(launch)したのは2016年の5月10日なんですね。
今(執筆当時2017年7月半ば)から実に1年以上前!
……気長に待ちましょう?ってこういうことです。

Kickstarterでは大体1ヵ月くらいの期間が設けられてその間にプロジェクトを支援するかどうかを決めます。
支援する金額は自分で決めることもできますが、大体は各プロジェクトのページにコース別になっているので
そこから選択することになります。
基本はクレジットカードによる支払ですが、キックした時点で支払われるのではなく、
プロジェクト支援期間が終わった段階で成功したか失敗したか判定し、成功した場合のみ支払となります。
そのため、途中でやっぱりキックするのやめよう!とキャンセルすることも可能というわけです。

Outlive_コース

これは実際の「OUTLIVE」のサポートプラン?です。
一番上、"You selected"と書かれているのが自分の選択したプランで、今回届いたセットになります。
「HEROES PLEDGE」というのが今回のプラン名。
その下の"Get one copy of ~"というのがリターン品の内容で、今回の場合は、
キックスターター限定のOUTLIVEコレクターボックスと達成したストレッチゴールが全部ついてくるよ、ってことですね。

「ストレッチゴール(stretch goal)」というのは、製品を作れるだけの支援金が集まったとき、
さらにおまけで何かつけたり、製品のアップグレードをするよ、っていう準達成目標とでも言うべきものです。

Outlive_ストレッチゴール

こんな感じで、35,000ユーロで取り敢えずプロジェクト達成。
40,000ユーロで新武器カード追加、45,000ユーロでミニ拡張追加……。
と、こんな感じで支援金が集まるほどいろんなおまけがついていくのです。
これもキックスターターの醍醐味と言えるでしょう。
特にストレッチゴールの中で"KICKSTARTER EXCLUSIVE!"と書かれているものは
製品版が一般流通しても付属しない類のものなので、これが多いキック案件は蹴り甲斐がありますねぇ!
(あくまで一個人の意見です)

Outlive_コース - コピー

コース選択に戻って、"ESTIMATED DELIVERY"というのが配送の目安になります。
注意したいのが、あくまで配送の目安だということ。
こちらのOUTLIVE、2月ごろに届くよ~と言っておきながら結局7月になりましたからね!?
更新内容はちょくちょくメールで通知されるのですが、中国の旧正月の影響で~とか言ってたような気がしますね…。
要するに、届くのが遅れるのは覚悟しとけ、ってことです。何度も言ってるけど。

あと気になるのは送料でしょうか。
プロジェクトのページに"Shipping"ってのがあると思います。
これが送料ですね。

Outlive_送料

OUTLIVEはフランスのパブリッシャーなので、EU諸国は9ユーロ程度。
日本への送料は16ユーロ程です。
1ユーロが大体120~130円くらいなので、2千円くらい。
普段からアマゾンやらヨドバシの配送料無料に慣れ親しんでいる私からすると高いな…と思ってしまいますが、
海外から発送するのですから、こればかりはしょうがない。

あとは、アドオン。
これは追加で注文可能なコンポーネントですね。
他のゲームだとプレイ人数拡張キットとか、金属製コインとか。

Outlive_アドオン

コレの場合、10ユーロで大きいサイズのゲームボードが追加可能でした。
これもキック版限定ですね。
モノによりますが、他の人の到着報告を見て後悔するよりは追加しとけ!な気がします。
プロジェクトによってはキックを締め切ってから追加できる場合もあるので、要チェックです。

これもまたプロジェクトによりますが、24時間以内に蹴れば少し安くなる、とかおまけがついてくる、みたいな
時間限定、もしくは少人数限定の"EARLY BIRD"という特殊な支援プランが用意されていることもあります。
文字通り早い者勝ちなプランなので、取りあえずEARLY BIRDを蹴っといてあとで考える、なんてこともありますね。



Outlive_配送 - コピー

あと、これはプロジェクト達成後の話ですが。
Surveyといって配送先を聞いてくるタイミングがあります。
上の画像はOUTLIVEのものだったか定かではないんですが、まぁこんな感じです。
この通り書けばちゃんと届きます。
日本とは住所を書く順序が逆なんですね。そこだけ注意かも。
Address Line 2 というのが空欄ですが、ここはアパートの部屋番号とか、ナントカビル何階とかそういう情報です。
電話番号の最初についている+81は国ごとに固有の番号で、これは日本の場合。
携帯なら+81のあとに最初の0を省いて書けばOK。



こんなとこでしょうか。
取り敢えずこのくらい押さえておけばちゃんと届きます!w

Outlive_小包 - コピー

こんなかんじのごっついダンボールで!


ということで、簡単ではありますが、Kickstarter初心者向けの使い方ガイドでした。
といっても私もまだ1つしか蹴ったものが届いてない初心者なんですけどね!

英語しかないサイト使うのって中々抵抗あると思うので、この記事を読んでいただいて、
なんだ意外と簡単じゃん!って思って頂いて、キック沼に足を踏み入れてもらえればと思います!w

ただし、最初にも書きましたが、単なるお買いものではなく、あくまでプロジェクトの支援に対しての
リターン品が届くんだ、という意識を持っていてください。
普段Twitterで多くの方が蹴っていらっしゃるようなモノや、信頼のあるパブリッシャーならある程度安心できますが、
お金を支払ったけど届かない、なんてことがないとも言えません。
そこまで含めて、最後はしっかりと自分の目で見て判断するということが大事なんだろうと思います。

色々書きましたが!
自己責任で楽しいキックライフを!

スポンサーサイト

別窓 | Kickstarter | コメント:0 | ∧top | under∨
| パンデュエ!ゲーム観測所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。