遊戯王デュエル動画のデッキの紹介だったり
ボードゲームのことだったり

スポンサーサイト

-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ダストン縛り

2014-09-02 Tue 03:14

★アニメ産カードへの憧れ


クリアー・ワールド



ハウスダストン


久方ぶりにコンボ案を。


《ハウスダストン/House Duston》
効果モンスター
星1/光属性/悪魔族/攻 0/守1000
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
自分の手札・デッキから「ダストン」と名のついたモンスターを任意の数だけ選び、
お互いのフィールド上に特殊召喚する。
この時、お互いのフィールド上に特殊召喚する数は同じ数でなければならない。


《クリアー・ワールド/Clear World》
フィールド魔法
このカードのコントローラーは自分のエンドフェイズ毎に500ライフポイントを払う。
または、500ライフポイント払わずにこのカードを破壊する。
お互いは、コントロールしている属性によって以下を適用する。
●光:自分は手札を全て公開し続ける。
●闇:自分フィールド上のモンスターが2体以上の場合、自分は攻撃宣言できない。
●地:自分のスタンバイフェイズ時、自分の表側守備表示モンスター1体を破壊する。
●水:自分のエンドフェイズ時、自分の手札を1枚捨てる。
●炎:自分のエンドフェイズ時、自分は1000ポイントダメージを受ける。
●風:自分は500ライフポイント払わなければ魔法カードを発動できない。



相手によって破壊される必要があるものの、お互いのフィールドにモンスターを展開できる《ハウスダストン》。
こいつの効果によって相手の場に多属性かつデメリット効果付きのダストンモンスターを送り付け、
自分の場には無害なホワイトダストンやハウスダストンをリクルート。


相手はダストンモンスターに特有のデメリット、

このカードはリリースできず、
融合・シンクロ・エクシーズ召喚の素材にもできない。

という縛りを与えて置物にし、更にクリアー・ワールドでもう一段階デメリットを与えてやろうという算段。


クリアー・ワールドの効果は自分にも及ぶが、ここでもうひとひねり。
《DNA改造手術》による種族操作と、《ドラゴニック・タクティクス》を組み合わせてみます。


《ドラゴニック・タクティクス/Dragonic Tactics》
通常魔法
自分フィールド上に存在するドラゴン族モンスター2体をリリースして発動する。
自分のデッキからレベル8のドラゴン族モンスター1体を特殊召喚する。


《クリアー・バイス・ドラゴン/Clear Vice Dragon》
効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻 ?/守 0
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
このカードのコントローラーに「クリアー・ワールド」の効果は適用されない。
このカードが相手モンスターに攻撃する場合、ダメージ計算時のみ
このカードの攻撃力は攻撃対象モンスターの攻撃力の倍になる。
このカードが相手のカードの効果によって破壊される場合、
代わりに自分の手札を1枚捨てる事ができる。


バニラであるホワイト、基本体であるハウスの2種はリリース不可のデメリットがないので、
種族操作でドラゴン族となることでドラゴニック・タクティクスが使えます。

クリアー・ワールドと同時収録された《クリアー・バイス・ドラゴン》をリクルートすることで自分だけ快適なフィールドで
相手することが出来るという仕様。



ちなみに、試作型として組んで回してみた感想ですが……
相手にデッキを知られていない第1戦目はダストンのコンボが意外と成功します。

他にサブギミックとして、ドラゴニック・タクティクスの選択肢兼大型として《冥王竜ヴァンダルギオン》とカウンター罠も投入し、ランク8も狙いつつ、《タキオン・トランスミグレイション》しちゃうなんて考えてみたり。

ダストン系から出せるランク1エクシーズでも戦えるほか、優秀なカウンター罠《ギャクタン》が登場したことでそこそこ動けるようにはなっています。

2戦目以降は自爆特攻が警戒されるので、そこが課題ですかねー。
なんか上手く調整してもうちょっと安定性を高めたいと思います!




…保険として入れたスケゴでも同じことが出来る上に制圧率が高かったなんて言えない。

スポンサーサイト

別窓 | 遊戯王_コンボ案 | コメント:0 | ∧top | under∨

ロイドとブンボーグ

2014-06-30 Mon 01:23

墓地が越えていることを条件に「ロイド」モンスターと《ブンボーグ001》を使用して。

《キューキューロイド》ns、《サルベージ》発動、墓地の《サブマリンロイド》と《ネイビィロイド》回収、《キューキューロイド》効果で2体をss
2体のssをトリガーに《ブンボーグ001》を自身の効果でss
《サブマリンロイド》と《ネイビィロイド》で《ギアギガントX》xyz
《ギアギガントX》効果で墓地の《エクスプレスロイド》回収、《キューキューロイド》効果でss
《エクスプレスロイド》効果で墓地のレベル4「ロイド」モンスター2体を回収、内1体を《キューキューロイド》効果でss
《エクスプレスロイド》とレベル4「ロイド」で《ギアギガントX》xyz
《ギアギガントX》効果で墓地の《ネイビィロイド》回収、《キューキューロイド》効果でss

場:《ギアギガントX》2体、《キューキューロイド》、《ネイビィロイド》、《ブンボーグ001》
攻撃力:2300+2300+300+1000+3000=8900

となり、相手の場が空ならワンキルが成立する。

最後の盤面でキルしきれなければ、《ネイビィロイド》+《キューキューロイド》+《ブンボーグ001》で《閃光竜スターダスト》等をS召喚して固い場を作ることもできるので、悪くはないはず。

ほかに《キューキューロイド》をss出来る手段があればさらに派生する他、《サルベージ》の連続使用、チューナー補給用に《緊急テレポート》等があれば展開力はまだまだ増しますね。
《緊急テレポート》を使うなら、同じく自己再生できるチューナーで、《巌征竜-レドックス》などの地属性サポートを共有できる《リ・バイブル》が相性良さげ。

とまぁ、長々と語ってきましたが、いつかこのギミック使ってデッキ組みます。
いつになるかわかりませんが、できたら動画にも出したいと思うので、期待せずお待ちいただけたら幸いです。
・・・どうなるかわかりませんが・・・。

以上、ロイドの可能性についてのお話でした。

別窓 | 遊戯王_コンボ案 | コメント:0 | ∧top | under∨
| パンデュエ!ゲーム観測所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。